BellCurve 統計WEB

統計用語集

ポアソン分布
Poisson distribution

二項分布において、nが非常に大きく、pが極めてまれな現象であるときに従う確率分布で、単位時間あたりにある事象が平均して\lambda回起こる場合に、その事象がx回起こる確率を示す。ポアソン分布は以下の式で表される。

 f(x) = \displaystyle \frac{e^{-\lambda}\lambda^x}{x!}

LaTex ソースコード

LaTexをハイライトする

確率変数Xがポアソン分布に従っているとき、Xの期待値はE(X)=\lambda、分散はV(X)=\lambdaとなる。

  • Excel:このマークは、Excel に用意された関数により計算できることを示しています。
  • エクセル統計:このマークは、エクセル統計2012以降に解析手法が搭載されていることを示しています。括弧()内の数字は搭載した年を示しています。
  • 秀吉:このマークは、秀吉Dplusに解析手法が搭載されていることを示しています。
  • ※「エクセル統計」、「秀吉Dplus」は株式会社会社情報サービスのソフトウェア製品です。