BellCurve 統計WEB

統計用語集

イェーツの補正 / イェーツの連続修正
Yate's continuity correction

2行×2列のクロス集計表のデータに対して行われる補正で、離散型分布を連続型分布(カイ二乗分布や正規分布)に近似させて統計的検定を行う際に用いられる。検出力は低下するが、より正確な検定が可能になる。ij列の観測度数をO_{ij}i 行の合計をn_{i\cdot}j列の合計をn_{\cdot j}、全観測度数の合計をnとすると、イェーツの補正を行ったカイ二乗値\chi_0^2は下式から求められる。

 \chi_{0}^{2} = \displaystyle \frac {n(|O_{11}O_{22} - O_{12}O_{21}| - n/2)^{2}} {n_{1\cdot}n_{2\cdot}n_{\cdot1}n_{\cdot2}}

LaTex ソースコード

LaTexをハイライトする

  • Excel:このマークは、Excel に用意された関数により計算できることを示しています。
  • エクセル統計:このマークは、エクセル統計2012以降に解析手法が搭載されていることを示しています。括弧()内の数字は搭載した年を示しています。
  • 秀吉:このマークは、秀吉Dplusに解析手法が搭載されていることを示しています。
  • ※「エクセル統計」、「秀吉Dplus」は株式会社会社情報サービスのソフトウェア製品です。
大人のための統計教室 和(なごみ)

統計学やデータ分析を学ぶなら、大人のための統計教室 和(なごみ)