BellCurve 統計WEB

統計用語集

効果量
effect size

群間での平均値の差の程度、変数間の関連の強さなどを、データの単位に左右されないよう標準化したもの。

平均値の差なら、標準偏差を基準としたコーエンの標本効果量(Cohen's d)やヘッジズの効果量(Hedges' g)、量的変数の相関の強さならピアソンの積率相関係数などが効果量として用いられている。差の大きさを表す効果量をd族の効果量、関連の強さを表す効果量をr族の効果量と言う。

統計的有意性の検定においては、効果量が大きいほど検出力が高くなる。したがって、大きな効果量が想定されるときはサンプルサイズを小さくできる。

  • Excel:このマークは、Excel に用意された関数により計算できることを示しています。
  • エクセル統計:このマークは、エクセル統計2012以降に解析手法が搭載されていることを示しています。括弧()内の数字は搭載した年を示しています。
  • 秀吉:このマークは、秀吉Dplusに解析手法が搭載されていることを示しています。
  • ※「エクセル統計」、「秀吉Dplus」は株式会社会社情報サービスのソフトウェア製品です。