BellCurve 統計WEB

詳細はクリック
  • Step1. 基礎編
  • 8. さまざまな事象

8-4. 和事象

2つの事象AとBのうちAまたはBが起こる事象を「和事象」といいます。記号を用いて表すと、

A\cup B(AまたはB)

となります。\cupは「カップ」と読まれることがあります。また、和事象の関係をベン図で表すと下のようになります。赤い部分が和事象を表します。

和事象1

例題1:

さいころを投げる試行について、2つの事象「偶数の目が出る」と、「3で割り切れる目が出る」それぞれを事象A、事象Bとします。このときA\cup Bとなる事象にはどのようなものがあるでしょうか。

和事象2

それぞれの事象に対応するさいころの目は、次のようになります。

  • 事象A「2, 4, 6」
  • 事象B「3, 6」

この問題では事象Aと事象Bのうち、どちらか少なくとも一方が起こる事象を考えればよいので、答えは「2, 3, 4, 6の目が出る事象」となります。

例題2:

さいころを投げる試行について、2つの事象「偶数の目が出る」と、「奇数の目が出る」それぞれを事象A、事象Bとします。このときA\cup Bとなる事象にはどのようなものがあるでしょうか。

和事象3

それぞれの事象に対応するさいころの目は、次のようになります。

  • 事象A「2, 4, 6」
  • 事象B「1, 3, 5」

事象Aと事象Bの和事象(A\cup B)は、「偶数か、奇数の目が出る」です。つまり、1, 2, 3, 4, 5, 6の目が出る事象なので、答えは「全事象\Omega」になります。


統計WEBを運営するBellCurveは、統計解析ソフト「エクセル統計」を開発・販売しています! 統計解析ソフト「エクセル統計」をインストール後のExcel上のタブとメニュー エクセル統計ジャケット画像

8. さまざまな事象

事前に読むと理解が深まる- 学習内容が難しかった方に -


統計学やデータ分析を学ぶなら、大人のための統計教室 和(なごみ) [業務提携]


広告パートナー募集のお知らせ

【BellCurve監修】統計検定®2級対策に最適な模擬問題集1~3を各500円(税込)にて販売中!

Kindleストアで配信中

統計検定®2級 模擬問題集1

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集2

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集3

500円(税込)