BellCurve 統計WEB

  • 5. データの集計と表現

練習問題(5. データの集計と表現)

1

次のデータは、1986年から2015年までのセ・リーグの優勝チームの一覧である。このデータを視覚化するとき、次のうちどのグラフで作成するのが適当か。

  1. 棒グラフ
  2. 円グラフ
  3. 折れ線グラフ
  4. 帯グラフ
  5. モザイク図
  6. 三角グラフ

優勝チーム 優勝チーム 優勝チーム
2015 ヤクルト 2005 阪神 1995 ヤクルト
2014 巨人 2004 中日 1994 巨人
2013 巨人 2003 阪神 1993 ヤクルト
2012 巨人 2002 巨人 1992 ヤクルト
2011 中日 2001 ヤクルト 1991 広島
2010 中日 2000 巨人 1990 巨人
2009 巨人 1999 中日 1989 巨人
2008 巨人 1998 横浜 1988 中日
2007 巨人 1997 ヤクルト 1987 巨人
2006 中日 1996 巨人 1986 広島

出典:年度別優勝球団(セ・リーグ) - プロ野球 : 日刊スポーツ

答えを見る

答え閉じる閉じる

データを集計すると次の表になります。

優勝チーム 度数 割合
巨人 13 43.3%
ヤクルト 6 20.0%
中日 6 20.0%
広島 2 6.7%
阪神 2 6.7%
横浜 1 3.3%
合計 30 100.0%

この表からグラフを作成する場合、1.棒グラフと2.円グラフが適切です。

図1

2

次のデータは、1986年から2015年までの出生数の一覧である。このデータを視覚化するとき、次のうちどのグラフで作成するのが適当か。

  1. 棒グラフ
  2. 円グラフ
  3. 折れ線グラフ
  4. 帯グラフ
  5. モザイク図
  6. 三角グラフ

出生数 出生数 出生数
1986 1,382,946 1996 1,206,555 2006 1,092,674
1987 1,346,658 1997 1,191,665 2007 1,089,818
1988 1,314,006 1998 1,203,147 2008 1,091,156
1989 1,246,802 1999 1,177,669 2009 1,070,035
1990 1,221,585 2000 1,190,547 2010 1,071,304
1991 1,223,245 2001 1,170,662 2011 1,050,806
1992 1,208,989 2002 1,153,855 2012 1,037,231
1993 1,188,282 2003 1,123,610 2013 1,029,816
1994 1,238,328 2004 1,110,721 2014 1,003,539
1995 1,187,064 2005 1,062,530 2015 1,005,656

出典:平成27年人口動態統計月報年計(概数)の概況 統計表Excelファイルより

答えを見る

答え閉じる閉じる

このデータからグラフを作成する場合、1.棒グラフと3.折れ線グラフが適切です。

図1

図2

3

次のクロス集計表は、あるクラス50人について、教科の好き嫌いを調査した結果である。クロス集計表の中の(ア)~(キ)に入る数値を答えよ。

好き どちらとも言えない 嫌い 合計
国語 2 (ア) (イ) (ウ)
数学 6 (エ) 5 13
英語 (オ) (カ) 1 18
合計 15 21 (キ) 50

答えを見る

答え閉じる閉じる

次のように計算します。

合計の列より、(ウ)=50-18-13=19

合計の行より、(キ)=50-15-21=14

数学の行より、(エ)=13-6-5=2

好きの列より、(オ)=15-2-6=7

すでに求められた値を用いて、嫌いの列より、(イ)=(キ)-5-1=8

国語の行より、(ア)=(ウ)-2-(イ)=9

英語の行より、(カ)=18-(オ)-1=10

これらの結果を集計表にまとめると次のようになります。

好き どちらとも言えない 嫌い 合計
国語 2 (ア)9 (イ)8 (ウ)19
数学 6 (エ)2 5 13
英語 (オ)7 (カ)10 1 18
合計 15 21 (キ)14 50

4

次のデータは、男子11人、女子9人の計20人からなるクラスのデータである。このデータのうち、性別と好きな教科を用いてクロス集計表を作成せよ。

性別 好きな教科 五科目総合点
数学 400
国語 341
数学 343
英語 422
英語 396
理科 500
英語 434
社会 270
英語 274
理科 307
理科 317
国語 318
英語 388
数学 484
英語 301
理科 408
社会 212
国語 491
理科 235
数学 445

答えを見る

答え閉じる閉じる

データをクロス集計表にまとめると次のようになります。

合計
英語 2 4 6
国語 1 2 3
社会 1 1 2
数学 1 3 4
理科 4 1 5
合計 9 11 20

※好きな教科と五科目総合点を用いてクロス集計表を作成する場合、五科目総合点をそのまま使わずに適当に区切ると見やすい集計表になります。

200点台 300点台 400点台 500点 合計
英語 1 3 2 0 6
国語 0 2 1 0 3
社会 2 0 0 0 2
数学 0 1 3 0 4
理科 1 2 1 1 5
合計 4 8 7 1 20

5

次のグラフは、世界の主な国の産業別人口構成比をプロットしたものである。中国のおおよその産業構成比を述べよ。

図4

出典:地理 統計要覧2015年版 二宮書店

答えを見る

答え閉じる閉じる

このグラフは三角グラフと呼ばれるグラフで、全体が3つの項目で分類できる場合に用いられます。この問題では、人口が第1次産業、第2次産業、第3次産業の3つで分類され、3つの産業の割合の合計は100%になります。

  • まず、第1次産業の割合は、底辺から上に上がるほど高くなるので、その割合はおおよそ30%台と読み取れます。
  • 次に、第2次産業の割合は、右辺から左下に向かうほど高くなるので、その割合はおおよそ30%と読み取れます。
  • 最後に、第3次産業の割合は、左辺から右下に向かうほど高くなるので、その割合はおおよそ30%台と読み取れます。




5. データの集計と表現

統計検定バナー 「統計学の時間」では、記事を最後まで読むことで、統計検定2級に合格する力が身につくことを目標としています。