BellCurve 統計WEB

  • Step1. 初級編
  • 5. データの集計と表現

5-4. 帯グラフ・モザイク図

■帯グラフ

帯グラフは、クロス集計表において群ごとの割合を比較するためのものです。積み上げ棒グラフを横向きにした形状で、横の幅がすべて「100%」で固定されています。それぞれの要素(下記の例では各スポーツ)の構成比(%)が棒の幅になっており、データ内での構成比の大小を見ることができます。また、異なる群間(下記の例では全体、女子、男子)の構成比を比較することもできます。

例えば、あるクラス男女各15人の好きなスポーツのクロス集計表から帯グラフを作成してみます。

サッカー野球テニス水泳合計
男子752115
女子535215
合計1287330

図1

■モザイク図

モザイク図は、クロス集計表の表側のカテゴリーごとに積み上げ100%の縦棒グラフを作成し、さらに、横幅を表側の各カテゴリーの度数の合計に比例するようにしたグラフです。そのため、クロス集計表の各セルに対応した四角形の面積は、各セルの度数に比例した大きさになります。

帯グラフで用いた、あるクラス男女各15人の好きなスポーツのクロス集計表からモザイク図を作成してみます。

サッカー野球テニス水泳合計
男子752115
女子535215
合計1287330

図2

5. データの集計と表現

事前に読むと理解が深まる- 学習内容が難しかった方に -

統計検定バナー 「統計学の時間」では、記事を最後まで読むことで、統計検定2級に合格する力が身につくことを目標としています。