BellCurve 統計WEB

社会人のためのデータ分析講座。Aidemy Premium
  • Step3. 実践編
  • 2. 推定と検定

2-5. 一元配置分散分析


次のデータは、「Step1. 基礎編 29-2. 一元配置分散分析の流れ1」で用いたデータです。このデータを使って、地方によって映画館の数の母平均に差があるかを検定してみましょう。

ファイルのダウンロードはこちらから

■Excelによる解析例

  1. データ > データ分析 > 分散分析: 一元配置を選択 > [OK]をクリック
  2. ※「データ分析」が見当たらない方はこちらを参考に設定を行ってください。

    
    

  3. 「入力元」と「出力オプション」を図のように設定
  4. 一元配置分散分析の結果が出力される
  5. ※この結果を見ると、P=0.487であることから、地方によって映画館の数の母平均に差があるとは言えないと結論付けられます。

■Rによる解析例

dat <- read.csv("one_way_ANOVA_eng.csv", header=T)  #データの読み込み

#一元配置分散分析
res <- aov(Theater ~ factor(Region), data = dat)  #Region間のTheater数を比較
summary(res)

#Tukey法(Tukey-Kramer法)による多重比較
TukeyHSD(res) 

#Bonferroni法による多重比較
pairwise.t.test(dat$Theater, dat$Region, p.adjust.method="bonferroni")

#Holm法による多重比較
pairwise.t.test(dat$Theater, dat$Region, p.adjust.method="holm")




※「p adj」はTukey法によって計算されたP値を表します。



※「Bonferroni法」と「Holm法」で計算されたP値は行列として出力されます。

■Pythonによる解析例

import pandas as pd
import pingouin as pg

dat = pd.read_csv("one_way_ANOVA_eng.csv")  #データの読み込み

#一元配置分散分析
pg.anova(dv='Theater', between='Region', data=dat, detailed=True)  #Region間のTheater数を比較

#Tukey法(Tukey-Kramer法)による多重比較
pg.pairwise_tukey(dv='Theater', between='Region', data=dat)

#Bonferroni法による多重比較
pg.pairwise_ttests(dv='Theater', between='Region', data=dat, padjust='bonf')

#Holm法による多重比較
pg.pairwise_ttests(dv='Theater', between='Region', data=dat, padjust='holm')


※「p-unc (uncorrected P-value)」は補正前のP値を、「np2 (partial eta-squared)」は効果量の1つである偏イータ二乗を表します。


※「p-tukey」はTukey法によって計算されたP値を、「hedges」は効果量の1つであるヘッジズの効果量を表します。


※「p-corr」はBonferroni法によって計算されたP値を、「BF10」はベイズファクターを表します。



2. 推定と検定


統計学やデータ分析を学ぶなら、大人のための統計教室 和(なごみ) [業務提携]


統計WEBを運営するBellCurveは、統計解析ソフト「エクセル統計」を開発・販売しています! 統計解析ソフト「エクセル統計」をインストール後のExcel上のタブとメニュー エクセル統計ジャケット画像


【BellCurve監修】統計検定®2級対策に最適な模擬問題集1~3を各500円(税込)にて販売中!

Kindleストアで配信中

統計検定®2級 模擬問題集1

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集2

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集3

500円(税込)


【PR】