BellCurve 統計WEB

統計用語集

多次元尺度法
Multi Dimensional Scaling

多変量データから作成された距離行列あるいは非類似度行列を低次元に縮約する方法で、マッピングに用いられる。2次元や3次元の散布図が得られ、似ている個体同士は近くに配置され、似ていない個体同士は遠くに配置される。多次元尺度構成法(Multi Dimensional Scaling)やMDSとも言われる。

計算の方法からトーガソンのMDSやクルスカルのMDS、サモンのMDSなどいくつかの種類があり、個体間の非類似度が比例尺度・間隔尺度の場合に用いる計量MDSと、順序尺度の場合に用いる非計量MDSに大別される。

  • Excel:このマークは、Excel に用意された関数により計算できることを示しています。
  • エクセル統計:このマークは、エクセル統計2012以降に解析手法が搭載されていることを示しています。括弧()内の数字は搭載した年を示しています。
  • 秀吉:このマークは、秀吉Dplusに解析手法が搭載されていることを示しています。
  • ※「エクセル統計」、「秀吉Dplus」は株式会社会社情報サービスのソフトウェア製品です。

統計学やデータ分析を学ぶなら、大人のための統計教室 和(なごみ) [業務提携]


統計WEBを運営するBellCurveは、統計解析ソフト「エクセル統計」を開発・販売しています! 統計解析ソフト「エクセル統計」をインストール後のExcel上のタブとメニュー エクセル統計ジャケット画像


【BellCurve監修】統計検定®2級対策に最適な模擬問題集1~3を各500円(税込)にて販売中!

Kindleストアで配信中

統計検定®2級 模擬問題集1

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集2

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集3

500円(税込)


【PR】