BellCurve 統計WEB

バナー広告掲載募集のお知らせ
バナー広告掲載募集のお知らせ
  • Excelノート
  • 統計検定 データサイエンス基礎のためのExcelの使い方

1-5. Excel関数を使いこなしてみよう

Excel関数を使った統計解析の方法について紹介します。下記のリンクからそれぞれの分布の解説に飛ぶことができます。

データのカウントに関するExcel関数一覧

関数使い方(A1:A3のデータを用いる場合)説明
COUNTCOUNT(A1:A3)数値が含まれるセルの数をカウント
COUNTACOUNTA(A1:A3)空白ではないセルの数をカウント
COUNTBLANKCOUNTBLANK(A1:A3)空白セルの数をカウント
COUNTIFCOUNTIF(A1:A3,検索条件)検索条件に合うセルの数をカウント


次のようなデータに対して、データのカウントに関するExcel関数を使ってみます。

「=COUNT(A2:C11)」では、範囲内において数値が含まれるセルの数をカウントします。この場合は「27」になります。

「=COUNTA(A2:C11)」では、範囲内において空白ではないセルの数をカウントします。この場合は「29」になります。

「=COUNTBLANK(A2:C11)」では、範囲内において空白セルの数をカウントします。この場合は「1」になります。

「=COUNTIF(A2:C11, ">=90")」では、範囲内において数値が90以上となるセルの数をカウントします。この場合は「4」になります。


「COUNTIF」の検索条件には、文字列を入れることも可能です。例えば、「あ」と書かれているセルをカウントしたい場合には「=COUNTIF(A2:C11, "あ")」と書きます。

また、「COUNTIF」の検索条件にセルを入れることも可能です。例えば、「A2」のセルと同じ値/文字列が書かれているセルをカウントしたい場合には「=COUNTIF(A2:C11, A2)」と書きます。

IFと論理関数に関するExcel関数一覧

関数使い方説明
IFIF(論理式,真の場合,偽の場合)論理式の結果を表す
ANDAND(論理式1,論理式2…)積集合(かつ)を表す
OROR(論理式1,論理式2…)和集合(あるいは)
XORXOR(論理式1,論理式2…)排他的論理和を表す
(2つの入力のうちどちらかが真であるときのみ真を返す)
NOTNOT(論理式)論理式を満たさないことを表す
IFERRORIFERROR(値,エラーの場合の値)エラーの場合の処理を表す
TRUETRUE真であることを表す
FALSEFALSE偽であることを表す


次のようなデータに対して、IF関数を使ってみます。

例えば、データが50より大きい場合は「50より大きい」、50以下の場合は「50以下」と表示させてみます。出力先はB列です。まずB2セルを選択し、「=IF(A2>50, "50より大きい", "50以下")」と入力します。

A2セルが51なので、B2セルには「50より大きい」と出力されます。

オートフィル機能を使って、他のセルにも適用できます。


また、データが70以上もしくは30以下の場合は「TRUE」、30より大きく70より小さい場合は「FALSE」と表示させてみます。B2セルを選択し、「=IF(OR(A2>=70, A2<=30), TRUE, FALSE)」と入力します。

オートフィル機能を使って、他のセルにも適用すると次のようになります。

統計検定 データサイエンス基礎のためのExcelの使い方


統計学やデータ分析を学ぶなら、大人のための統計教室 和(なごみ) [業務提携]


統計WEBを運営するBellCurveは、統計解析ソフト「エクセル統計」を開発・販売しています! 統計解析ソフト「エクセル統計」をインストール後のExcel上のタブとメニュー エクセル統計ジャケット画像


【BellCurve監修】統計検定®2級対策に最適な模擬問題集1~3を各500円(税込)にて販売中!

Kindleストアで配信中

統計検定®2級 模擬問題集1

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集2

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集3

500円(税込)


【PR】