BellCurve 統計WEB

統計用語集

因子分析
factor analysis

多変数の観測データからその中に潜在する共通因子を求める手法で、1904年にスピアマン(Spearman)によって提案された。観測データは結果系であり、その原因系としての因子を求める。

主成分分析との違いは、主成分分析は変数を合成することを目的とし、因子分析は変数を分解することを目的としている点である。

因子分析の手順は、まず共通性の初期値を設定し、固有値分解を行ったあと、スクリープロットを描いて因子数を決定する。その後、主因子法や最尤法などの推定手法を用いて因子負荷量を算出する。共通因子が解釈しやすい構造となるように、しばしば因子の回転が行われる。

  • Excel:このマークは、Excel に用意された関数により計算できることを示しています。
  • エクセル統計:このマークは、エクセル統計2012以降に解析手法が搭載されていることを示しています。括弧()内の数字は搭載した年を示しています。
  • 秀吉:このマークは、秀吉Dplusに解析手法が搭載されていることを示しています。
  • ※「エクセル統計」、「秀吉Dplus」は株式会社会社情報サービスのソフトウェア製品です。
大人のための統計教室 和(なごみ)

統計学やデータ分析を学ぶなら、大人のための統計教室 和(なごみ)