BellCurve 統計WEB

統計用語集

クロンバックのアルファ(α)
Cronbach's alpha

性格検査の質問項目のように、ある特性に対して複数の質問項目を設け、回答の合計値(尺度得点)を特性尺度として用いるときに、各質問項目(変数)が全体として同じ概念や対象を測定したかどうか(内的整合性)を評価する信頼係数。0から1までの値をとり、1に近いほど信頼性が高いと言える。

mは質問の項目数、\sigma_i^{2}は各質問項目の分散、\sigma_x^{2}は各質問項目を合計した尺度得点の分散としたとき、下式からアルファ係数を求められる。

 \displaystyle \alpha = \frac{m}{m-1} \left(1 -  \frac{\displaystyle \sum_{i = 1}^m{{\sigma_i}^2}}{{\sigma_x}^2} \right)

LaTex ソースコード

LaTexをハイライトする

  • Excel:このマークは、Excel に用意された関数により計算できることを示しています。
  • エクセル統計:このマークは、エクセル統計2012以降に解析手法が搭載されていることを示しています。括弧()内の数字は搭載した年を示しています。
  • 秀吉:このマークは、秀吉Dplusに解析手法が搭載されていることを示しています。
  • ※「エクセル統計」、「秀吉Dplus」は株式会社会社情報サービスのソフトウェア製品です。

統計学やデータ分析を学ぶなら、大人のための統計教室 和(なごみ) [業務提携]


【PR】


【BellCurve監修】統計検定®2級対策に最適な模擬問題集1~3を各500円(税込)にて販売中!

Kindleストアで配信中

統計検定®2級 模擬問題集1

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集2

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集3

500円(税込)