BellCurve 統計WEB

統計用語集

因子の回転
factor rotation

因子分析において、得られた結果が解釈しやすい構造となるように新しい座標系を設定すること。回転後の座標軸が直交する直交回転と回転後の座標軸が直交しない斜交回転とがある。

直交回転

  • バリマックス法
  • バイコーティマックス法
  • コーティマックス法

斜交回転

  • コバリミン法
  • バイコーティミン法
  • コーティミン法
  • プロマックス法

  • Excel:このマークは、Excel に用意された関数により計算できることを示しています。
  • エクセル統計:このマークは、エクセル統計2012以降に解析手法が搭載されていることを示しています。括弧()内の数字は搭載した年を示しています。
  • 秀吉:このマークは、秀吉Dplusに解析手法が搭載されていることを示しています。
  • ※「エクセル統計」、「秀吉Dplus」は株式会社会社情報サービスのソフトウェア製品です。

【BellCurve監修】統計検定2級対策に最適な模擬問題集

Kindleストアで配信中Kindle電子書籍にて

「統計検定2級 模擬問題集1」&「統計検定2級 模擬問題集2」&「統計検定2級 模擬問題集3」を配信中です。