BellCurve 統計WEB

統計用語集

一般化線形モデル
Generalized Linear Model / GLM

一般線形モデルでは目的変数が正規分布に従うことを前提としているが、一般化線形モデルでは目的変数が正規分布に従わなくても適用でき、さらに質的変数であってもよい。また、目的変数と説明変数との関係式は簡単な線形式である必要はなく、以下のように表される。ただし\betaは偏回帰係数を、xは説明変数を、nは説明変数の数を表す。

 g(y) = \beta_0x_0 + \beta_1x_1 + \cdots + \beta_nx_n

ここで関数g(\cdot)はリンク関数と言う。ロジスティック回帰分析などに適用できる。一般化線型モデルとも言う。

LaTex ソースコード

LaTexをハイライトする

  • Excel:このマークは、Excel に用意された関数により計算できることを示しています。
  • エクセル統計:このマークは、エクセル統計2012以降に解析手法が搭載されていることを示しています。括弧()内の数字は搭載した年を示しています。
  • 秀吉:このマークは、秀吉Dplusに解析手法が搭載されていることを示しています。
  • ※「エクセル統計」、「秀吉Dplus」は株式会社会社情報サービスのソフトウェア製品です。
大人のための統計教室 和(なごみ)

統計学やデータ分析を学ぶなら、大人のための統計教室 和(なごみ) [業務提携]