BellCurve 統計WEB

統計用語集

データ変換
data conversion

データに対して、一律同じ数値処理を行うこと。データ変換には以下のような目的がある。

  • 個々のケースが分布内のどの位置にあるのか把握を容易にするため
  • 分布の形を正規分布に近づけ、スチューデントのt検定や分散分析などパラメトリックな検定の精度を上げるため
  • 重回帰分析など線形モデルのあてはまりを良くするため

また、データ変換には下記のような種類がある。

  • 標準得点(z得点)
  • 偏差値(Z得点)
  • 偏差値(T得点)
  • 一次関数変換
  • 逆数変換
  • 累乗変換
  • 対数変換
  • 指数変換
  • ロジット変換
  • プロビット変換
  • 角変換(逆正弦変換)
  • ボックス=コックス変換
  • パーセンタイル順位
  • Excel:このマークは、Excel に用意された関数により計算できることを示しています。
  • エクセル統計:このマークは、エクセル統計2012以降に解析手法が搭載されていることを示しています。括弧()内の数字は搭載した年を示しています。
  • 秀吉:このマークは、秀吉Dplusに解析手法が搭載されていることを示しています。
  • ※「エクセル統計」、「秀吉Dplus」は株式会社会社情報サービスのソフトウェア製品です。

統計学やデータ分析を学ぶなら、大人のための統計教室 和(なごみ) [業務提携]


統計WEBを運営するBellCurveは、統計解析ソフト「エクセル統計」を開発・販売しています! 統計解析ソフト「エクセル統計」をインストール後のExcel上のタブとメニュー エクセル統計ジャケット画像


【BellCurve監修】統計検定®2級対策に最適な模擬問題集1~3を各500円(税込)にて販売中!

Kindleストアで配信中

統計検定®2級 模擬問題集1

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集2

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集3

500円(税込)


【PR】