BellCurve 統計WEB

統計用語集

log-log生存率グラフ
log-log survival curve

生存時間解析において用いられる、共変量の2群間においてハザード比が時間によらず一定であるか(比例ハザード性が成立するか)どうかを確認するために作成されるグラフ。

横軸に時間t、縦軸に log{-log S(t)}log-log、ログマイナスログ、二重対数とよばれる)をプロットしたもの(S(t) は生存関数)。グラフ内の2本の曲線が交わることがなく、上下に平行移動した状態であれば、比例ハザード性が成立するとみなすことができる。

  • Excel:このマークは、Excel に用意された関数により計算できることを示しています。
  • エクセル統計:このマークは、エクセル統計2012以降に解析手法が搭載されていることを示しています。括弧()内の数字は搭載した年を示しています。
  • 秀吉:このマークは、秀吉Dplusに解析手法が搭載されていることを示しています。
  • ※「エクセル統計」、「秀吉Dplus」は株式会社会社情報サービスのソフトウェア製品です。

統計学やデータ分析を学ぶなら、大人のための統計教室 和(なごみ) [業務提携]


【PR】


【BellCurve監修】統計検定®2級対策に最適な模擬問題集1~3を各500円(税込)にて販売中!

Kindleストアで配信中

統計検定®2級 模擬問題集1

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集2

500円(税込)

統計検定®2級 模擬問題集3

500円(税込)