トレンドサーチ2015

コンセプトマッピング ConceptMapper

抽出した重要キーワードを意味のあるまとまりとして、平面上にダイナミックにマッピングするのがConceptMapperの機能です。出力したマッピング画面は画像として保存できます。

ConceptMapperの仕組み:スプリングモデルシミュレーション

キーワード(単語)間の関連性をバネ(スプリング)に見立てた物理モデルをシミュレーションすることによってマッピングを行います。キーワードは強いバネによって、他のキーワードと引っ張り合ったり反発したりしながらダイナミックに動き、最終的に適正な場所に配置されます。

関連度の高い単語は近くに、関連度の低い単語は離れて配置されるのでキーワード同士の関連が一目でわかります。

マッピング例1

視点を替えたマッピングも可能です

5つ以上のキーワードを選択して円周に配置

キーワードを円周上に指定してマッピング

マッピング画面を画像で保存

マッピングの最終画面をビットマップ形式で保存できます。レポートやプレゼンに利用すれば、客観的な説得力を持たせることができます。

ノードに画像を指定してマッピング